タバコによる妊婦への影響4

タバコによる妊婦への影響を減らすためにはタバコの禁煙方法が必須

タバコによる妊婦への影響を減らすためにはタバコの禁煙方法が必須 人間は喫煙することによって母体内にニコチンと一酸化炭素が発生します。
ニコチンは血管を収縮させてしまうので、本来よりも血液の供給量が減少してしまうのです。
そして一酸化炭素はヘモグロビンと結びつく性質があるので酸素が取り入れにくい状態になってしまいます。
こうした2つの悪影響により、胎盤における血液の循環が悪くなってしまうため機能が低下することから妊婦にとって禁煙は必須と言えるのです。
最悪の場合は、流産したり早産になってしまう事から耐え難い悲しみに襲われることになります。
早産や流産といった事態にはならなかったとしても、母体の血流が悪化していることからしっかりと栄養素と酸素が供給されずに低出生体重児が生まれてしまう恐れが高いです。
妊娠していなくても大きな害がある喫煙は、妊婦が行うとより一層悪影響が及びます。
そのため、禁煙する覚悟が無いのなら子供を授かることは諦めた方が良いとも言えます。
また、無事に生まれたとしても成長とともに子供に変化が起こる可能性もあるのです。

タバコによる妊婦への影響を減らすために必要なタバコの禁煙方法

タバコによる妊婦への影響を減らすために必要なタバコの禁煙方法 妊娠中は赤ちゃんに深刻な影響をもたらすことから禁煙は必須になります。
ただ、喫煙者にとってなかなかやめられないのがタバコです。
禁煙するにはまずどういったときにタバコを吸いたくなるのか考えることから始めます。
イライラしたとき、朝起きがけに一服、食後など必ずパターンがあるはずです。
そうしたときにタバコではなく別のことをするようにします。
ガムを噛んだり飲み物をのんだりして、タバコではない別のものに置き換えることで禁煙の一歩を踏み出せます。
やみくもにタバコをやめるのでは長続きしません。
別のものに置き換えてもダメであれば、電子タバコを使うという手もあります。
この時の注意点はニコチンの含まれていないものにすることです。
電子タバコのカートリッジにはニコチンを含むものもありますので、よく見てカートリッジを購入してください。
一番の方法はタバコを見ない、置かないことですが何をしてもやめられない人には電子タバコで欲求を抑えましょう。