タバコによる妊婦への影響1

タバコによる妊婦への影響 タバコの量を減らし、最終的に禁煙する方法

タバコによる妊婦への影響 タバコの量を減らし、最終的に禁煙する方法 タバコによる妊婦への影響ですが、ニコチンや一酸化炭素などの有害物質が、タバコを吸うことによって体内に吸収されます。
これらの有害物質が血管を収縮させて血流が悪くなります。また、有害物質はお母さんの血液を通して赤ちゃんの体内へと運ばれるでしょう。
赤ちゃんに直接影響を与えますから、発育に大きくかかわってきます。タバコの量を減らす方法ですが、禁断症状が出てくるため、お母さんの意思の力だけでは難しいかもしれません。
できれば、禁煙外来に通うことをおすすめします。妊娠中なので、自己流の禁煙方法はあまりおすすめできません。医師の指導を受けながら禁煙した方が効果が上がるでしょう。
個人でできる努力目標としては、タバコを吸いたくなったら水を飲むとか、飴をなめるとか、喫煙に変わる気の紛らわし方を考えてください。
食後であるとか、テレビを見ながらとか、なんとなく吸っているタイミングがあるはずです。そのタイミングにほかのことをすることで、吸わなくてすむようになります。

タバコによる妊婦への影響:タバコによる子供の先天異常を回避する禁煙方法とは?

タバコによる妊婦への影響:タバコによる子供の先天異常を回避する禁煙方法とは? 妊娠している人がタバコを吸うことで、生まれてくる子供に様々な先天異常を生じることがあります。
一日に20本以上吸っているヘビースモーカーの場合は、タバコを全く吸っていない人に比べて、先天異常の出産リスク比が1.6倍にもなることが明らかにされていて、タバコを禁煙することや、吸う本数を減らしていくことが重要になっています。
妊婦が禁煙を行う場合には、受診している産婦人科の医師にまず相談をすることが大切になっています。
体の状態などに合わせた治療法を考えてもらうことが大切になっていて、無理のない治療をしていくことが大切になっています。
なるべく体にストレスを与えないような禁煙をしていくことが重要であるため、ストレスに関するケアをしっかりとしていくことが大事であり、ストレスがかかりすぎてしまうことで、流産などのリスクも高めてしまう可能性があるため、医師と計画的に禁煙を進めていくことが非常に良い方法になっています。