タバコによる妊婦への影響2

タバコによる妊婦への影響~タバコによる流産のリスクを減らす禁煙方法~

タバコによる妊婦への影響~タバコによる流産のリスクを減らす禁煙方法~ タバコを吸うことは、健康にさまざまな害を与えます。
妊娠をしている人は、特に生まれている子供に対して様々な影響を与えてしまうリスクを高めてしまい、流産を引き起こす可能性を高めてしまうため、早期に禁煙をしていくことが重要になっています。
アメリカのスタンフォード大学が1万人以上の妊婦を調査したところ、1日に20本以上のタバコを吸っている女性の場合、流産を引き起こしてしまうリスクが1.7倍になってしまうということが明らかになっていて、流産以外にも、生まれてくる子供が先天性の異常を持っている可能性がタバコを吸っていない人に比べて1.6倍になってしまうことがわかっていて、妊婦だけではなく子供にも悪い影響を与えるため、禁煙をするべきであるとされています。
禁煙は、ストレスがかかることもあるため、通っている産婦人科の医師にまず相談することによって、計画的に行うことが重要であり、無理をしないことが重要になっています。

タバコによる妊婦への影響としてある低体重児を防ぐようタバコを禁煙する方法

タバコによる妊婦への影響としてある低体重児を防ぐようタバコを禁煙する方法 日本は、女性の喫煙者も多いです。しかし、タバコは、女性の健康と美容に、悪い影響を及ぼします。
喫煙の習慣がある女性は、非喫煙女性に比べて、妊娠能力が低下すると考えられています。喫煙によって血流量が低下することで、卵巣に影響が出るのです。
さらに、低体重児の出生率が2倍になるという報告もあります。喫煙は、末梢血管を収縮させ、活性酸素の影響で皮膚の老化が進むので、美容にも影響が出ます。
そのため、最近では禁煙を決意する女性も増えています。
ただ、タバコを止めると決意したからといって、すぐに止められるわけではありません。禁煙を始めると、ニコチンの欠乏による離脱症状が起こり、途中で挫折する女性も少なくないのです。
ただ、現在は禁煙するための補助剤やパイプなど、様々なグッズが販売されているため、昔に比べると、楽に禁煙できるようになっています。
補助剤もパイプも、少しずつニコチンの摂取量を減らすことで、タバコを吸いたい気持ちをなくしていきます。