タバコによる妊婦への影響2

タバコによる妊婦への影響とは子宮内胎児発育遅延の原因と禁煙

タバコによる妊婦への影響とは子宮内胎児発育遅延の原因と禁煙 タバコが妊婦に与える影響は、有害な物質が全身に行きわたることになり、一番重大なのは血管が狭くなり血流が悪くなることです。
ニコチンや一酸化炭素などが悪い影響を与えて、血管を収縮させます。
妊娠中は血圧が高くなりやすいのに、血管が狭まってしまうことで、母体にも血管の詰りや破裂が起きる危険性がありますが、子宮内胎児に血管を通して運ばれるべき栄養の量が著しく低下してしまうため、発育遅延が起きやすくなります。
十分な期間お腹の中にいても未発達なまま生まれてきてしまう危険があるほか、網膜に異常が出たり抵抗力が弱く黄疸症状が出やすくなる場合もあります。
子宮内胎児の発達に影響を与えないためには、早めの禁煙が大切です。
母体の血管の回復期間を考えても、妊娠したと分かったときや、子作りをしたいと考えたときなどから早めに禁煙すべきです。
妊婦の周りにいる人が吸っていたのでは受動喫煙になってしまうので、周囲の人たちも気を配る必要があります。

タバコによる妊婦への影響と胎盤早期剥離を防ぐタバコを禁煙する方法

タバコによる妊婦への影響と胎盤早期剥離を防ぐタバコを禁煙する方法 タバコは妊婦に良くないというのは聞いたことがあると思います。
ストレスをためない方が良いからと、喫煙を続けている方もいらっしゃるかもしれませんが、実はこんなに多くの危険があります。
①早産・流産の可能性が高くなる(胎盤早期剥離など)
②前置胎盤・胎盤異常になりやすくなる
③死産の可能性ご高くなる
④先天異常を起こしやすくなる
※手足の欠損、無脳症、肺や心臓などに穴が開いた状態で生まれてくる、口蓋裂、斜視など
⑤小児がんの発生率が高くなる
⑥低体重・低身長になる可能性が高くなる
⑦乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクを高める
⑧先天異常を起こしやすくなる
⑨キレやすい子供になる
⑩産後の子宮の戻りが悪くなる
中でも常位胎盤早期剥離とは妊娠中、胎盤が胎児が産まれるより先に剥がれてしまうことで、胎児死亡、子宮の摘出、最悪な場合は母体死亡などの可能性もあります。
妊娠中に喫煙することで血流が悪くなり、胎児に十分な栄養や酸素が行き渡らなくなることでリスクが高くなります。
これは妊婦だけではなく、その周りにいる家族の禁煙も必要になります。
受動喫煙の可能性があるというのはもちろん、禁煙中にタバコの臭いを嗅ぐことで、禁煙は非常に難しいものになってしまいます。
家族揃って禁煙をし、安心して新しい家族を迎えて下さい。